総合共済の紹介

①掛け金は月々600円(年額7200円)
②お祝い金やお見舞金を給付
※結婚祝金1万円、出産祝金5000円など(詳しくは下の画像を参照してください)
③退職時に掛金相当額を給付
※加入35年の場合 7,200×35=252,000円(元々自分のお金だけど、ちょっと嬉しい♪)

ちょっと何言ってるか分からないくらいお得です。

でも「得だから入る」というよりは「良いことだから入る」という人が多いですね。何故なら共済とは、「得するため」ではなく、「みんなで助け合うため」に生まれた仕組みだからです。

加入者の声

 

※途中解約の場合は全額の払い戻しにならない場合もありますが、5年以上続ければマイナスになることはありません。

何でそんなことが可能なの?

それは「共済とは何か」を知ると分かります。

時は18世紀、産業革命期のイギリス。
労働者たちは低賃金長時間労働に従事します。当時は労働者を守る法律などなく、病気や事故で働けなくなれば容赦なく首を切られました。彼らは仕事が終わるとパブに集まり、仕事の苦労、生活や家族のことなどについて語り合います。そんなある日、ジャックの姿がありません。どうやら病気で働けなくなったようです。そこでダニエルが提案しました。「どうだろう。俺たちだって、いつ彼のようになるか分からない。ビール1杯分のお金をこの帽子の中に入れてくれないか。お見舞いとしてジャックに持っていこう!」

一回限りの助け合いが発展し、誰かの万一の事態に備え、事前に資金を集めるようになりました。これが共済=労働者同士の助け合いの始まりです。

全教共済は民間保険会社のように利益を目的としているわけではないので広告も出しませんし、勧誘のための外交員も雇いません。全国の教職員がお金もうけのためではなく、互いに助け合うためにお金を出し合っているからこそ可能な仕組みです。

教職員を守る全教共済「3つの運動」

①生活を守る
民間保険よりはるかに安い掛金で、教職員の「生活」を守ります。

②いのちと健康を守る
組合として勤務条件の改善を要求するとともに、医療共済や損害共済を広げることで、教職員の「いのちと健康」を守ります。

③身分を守る
重大な自動車事故等で教員免許を失効する場合があります。そうならないために事故対応を行う全教自動車保険、損害賠償請求に備える教職員賠償責任共済、くらしの賠償責任共済によって、教職員の「身分」を守ります。

全教自動車保険(身分を守る運動の核です)

保険の乗り換えは面倒ですよね。そして面倒な思いをして乗り換えても、メリットを感じるのは事故を起こしてしまったときであり、事故を起こさなければメリットを感じることはありません。

それでも全群教が全教自動車保険への加入を勧めるのは、それが教職員の身分を守る運動の核となっているからです。

万一事故を起こしてしまった場合、多くの人は気が動転し、自分のことで頭が一杯になります。そんなとき全教指定代理店(群馬はアゼリア企画)は、まず被害者の救済を第一に考え、「あなたが何をすべきか」を専門的な見地からアドバイスし、サポートしてくれます。

初期対応を誤り、被害者の方との間に感情的なしこりを残すと、その後の対応が困難になります。起訴され、教員免許を失効する可能性もあります。全教指定代理店は日頃から教職員組合と緊密な関係を保ち、教職員の立場を熟知しています。また全国の教職員の事故事例を共有し 情報交換しながら、身分を守るための対応(全教方式)を追究しています。

全教方式(イメージ)
一般的な保険契約(イメージ)

教職員の交通事故には、特別な対応が必要です。

教員は、良くも悪くも特別視される職業です。何かあると「教員のくせに」と言われることも少なくありません。そうしたことも考慮に入れつつ事故対応してくれるのは全教自動車保険だけです。

全教自動車保険は、提携する保険会社と協議を積み重ね、「教職員とその家族を守るための自動車保険」を実現しています。

「共済」の話から「保険」の話になった?
全群教は金もうけをしようとしているの?

群馬の全教自動車保険は、全群馬教職員組合と群馬県高等学校教職員組合が団体扱いとして取り扱う自動車保険です。

みんなでお金を出し合い、みんなで保険会社と契約するイメージです。個人で普通に保険会社と契約しても「教職員としての身分を守るための特別な対応」を求めることはできませんよね。民間企業と契約している『保険』ですが、『共済』の理念で運営されているのが全教自動車保険なのです。

まずは総合共済へ

火災・自然災害共済、生命共済、医療共済、障害共済等々。
いろいろありますが、まずは気軽に加入できる総合共済に加入しませんか?

下の申し込みフォームからどうぞ

        

        

        

        

        

    必須 全教総合共済に 加入します
    必須 トクトクキャンペーン QUOカード図書カード
    必須申込年月日
    必須 お名前
    必須フリガナ
    必須 メールアドレス
    必須職員番号
    必須職場名
    必須生年月日
    任意結婚年月日
    必須郵便番号
    必須都道府県
    必須ご住所
    あれば自宅TEL
    必須携帯TEL
    任意紹介者
    任意メッセージ本文  

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google
    Privacy Policy and
    Terms of Service apply.

    ご入力いただいた個人情報は、ご契約の締結・維持・管理、共済金の給付のために使用するほか、全群馬教職員組合や全教自動車保険のご案内のために利用することがあります。これ以外の目的で利用したり、第三者に提供したりすることはありません。

    「いや~、やっぱり紙じゃないと不安だなぁ…」という方は下記ボタンをクリックしてPDFをプリントアウト後、必要事項を記入して郵送、もしくは写真をメールに添付して送っていただいてもOKです。

     

    〒371-0854 群馬県前橋市大渡町1丁目10−7
    群馬県公社総合ビル5階 全群馬教職員組合
    zengunkyo@educas.jp